近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第1回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

中内功 家系図  (※転載禁止)

第1回 ダイエー創業家・中内功家は日本の上流階級とつながった!(02.10.14記)

「家系図画像」無断転載者に関して


戦後、新興勢力として登場した、高額所得者ランキング上位常連の企業家といえば、
松下石橋(ブリヂストン)、上原(大正製薬)、井植(三洋電機)、斎藤(大昭和製紙)、鹿島出光
そして、本田中内(ダイエー)等が、あげられます。


地獄のフィリピン戦線から奇跡的に生還し、戦後、神戸の闇市を皮切りに、
大阪千林に「主婦の店ダイエー」1号店を開店し、高度経済成長とともに急発展を遂げたダイエー。
「戦後、神戸から出て大きくなったのは山口組とダイエーだけや」と名ゼリフをはき、流通革命を主導した。
そして、経団連副会長にも就き、勲一等瑞宝章も受章した。

しかし、バブル崩壊後その肥大化ゆえと、戦略の見誤りにより、坂道を転げ落ちるのも早かった。
まさに“ダイエー帝国”の落日・・・

2001年2月、中内さんも会社を去り、ダイエーは’02年4月、債権放棄を受ける企業に対する
初の産業再生法を経済産業省より適用されるに至る。
そして、’02年8月には、主力三行から債務免除を含む総額約5200億円の金融支援を
受けるなど、現在、国をあげての支援体制のもと、経営再建中である。


下の簡単な系図をご覧いただきたい。
一代にして、日本の流通王にのし上がり、財を成した中内さんは、
子の世代で、日本の上流階級とつながった!!



そらのる バイトル

中内家系図
中内功
中内功
ダイエー創業者
著書・関連本
中内潤(長男) ダイエー副社長/妻は藤沢武夫の孫娘/
「小売流通企業の戦略デザイン―21世紀への成長構図を求めて」
藤沢武夫
藤沢武夫
ホンダ副社長・最高顧問/
本田宗一郎のパートナー/「技術の本田宗一郎」、「経営の藤沢武夫」/
著書・関連本
戦後の新興勢力家系同士のつながり
(長女) 夫・浅野昌英(イチケン社長)は母方の祖父が三井八郎右衛門高公、
父方の曽祖父が浅野総一郎
三井八郎右衛門高公
三井八郎右衛門
三井財閥総領家11代、元三井本社社長/男爵
浅野総一郎
浅野総一郎
浅野財閥創業者
関連本
戦前よりの名門・財閥及び華族の家系とつながる
中内正(次男) 福岡ダイエーホークスオーナー/妻は津軽家の血を引き、常陸宮妃のめい
津軽義孝
津軽義孝
旧津軽弘前藩大名家/伯爵
常陸宮正仁
常陸宮正仁親王
現平成、今上天皇の弟
明治以前からの名門、大名家及び日本最高の名門家系・天皇家とつながる
津軽家・常陸宮家に関しては、第17回 参照
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])


庶民の世界から見れば、それがどうしたという事かもしれないが・・・。

(「功」の字の右の部分は正式には「刀」です。)


追記(03.5.21)

ダイエーファウンダー(創業者)である中内功氏(80)の最近の動向は、
2年前にダイエー取締役を退いてから主な肩書きだった流通科学大学の理事長職を
長男・中内潤氏(48)に禅譲し、学園長に専念。

流通科学大学は、1988年に全国初の流通専門大学として神戸に開校し、
学校法人名を「中内学園」というように、中内氏が構想から10年かけ、
建設費100億円のうち私財を30億円投じて創った大学。


関係者によると、ダイエーをやめてからは、サバサバした感じで、
現在は週に一度のゼミを担当しており、朝7時半には自宅を出て、8時半には大学に着き、
ほぼ一日中、大学にいるという生活。
東京・神戸半々の生活を大学の仕事中心に、自らも慶応大学ビジネススクールに、時折り、学び、
流通革命の実現を託す後進を育てる事に意欲を燃やされているとの事。

(「週刊朝日」03年5/23号より)


※2004年10月13日、ダイエー自主再建を断念、
再建を産業再生機構に委ねる事を公式表明。


※2005年9月19日逝去





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -








●「家系図画像」無断転載・盗用者に関して
このページの家系図画像を無断転載・盗用している一部の心無い人がいます。
ネットの世界で、無断でしても良いのは、ページへのリンクのみです。
(リンクを拒否している場合は、その限りではありません。)

当然、無断転載・コピペ盗用は、完全な犯罪で著作権法違反です。
当ページと同様の家系図画像をお見かけの時は、ルール・マナーを守らない違反ページと認識して下さい。