近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第24回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

四親王家 十一宮家 家系図 (※転載禁止)

第24回 皇室血統予備軍、四親王家。そして、戦後(昭和22年)、皇籍離脱した十一宮家とは? (04.3.6記)

前回・第23回は、満州に嫁いだ嵯峨侯爵家出身の愛新覚羅浩を描きました。
今回は、一気にその流れで、“もう一人の流転の王妃”、すなわち、 “朝鮮王朝最後の皇太子妃”、李方子(まさこ)をまとめたく思いました。

梨本宮家出身の李方子家系図)。


しかし、その前に、梨本宮家・・・、と言われても、 大方の現代人が、ナシモトと聞いて、思い浮かべるのは、 時たま、TV等で見かけるあの芸能レポーターの方・・・(漢字は梨元)。

また他にも、昭和天皇皇后・香淳皇后の実家といえば、久邇宮家であり、 戦後、最初の首相は「宮様総理」東久邇宮稔彦(なるひこ)王、 TVドラマ「流転の王妃・最後の皇弟」で登場したのは、竹田宮家などなど。

それら宮家の名前を聞いても、現代では、なかなかピンとこないのが、実情かもしれません。
一度、簡単に、昭和22年まで存在した宮家、及びその系譜をまとめておこうと思います。


終戦当時、「万世一系」天皇家の血脈リレー予備軍としての宮家は、十四宮家が存在した。

そのうち、昭和天皇の弟宮である秩父・高松・三笠三直宮(じきみや)家を除いた 十一宮家が昭和22年10月、臣籍降下(皇籍離脱)した。すなわち、“平民”になった。

その十一宮家とは、伏見宮・梨本宮・山階宮・久邇宮・北白川宮・閑院宮・ 東伏見宮・賀陽宮・朝香宮・東久邇宮・竹田宮家

そして、これら宮家、すべての元になっているのが、 四親王家の中で、一番歴史のある伏見宮家
その系譜は、南北朝時代まで遡る。

伏見宮家は、北朝3代・崇光(すこう)天皇の第1皇子・栄仁(よしひと)親王を祖とする宮家。
(創立室町時代)

天皇家の血統リレーの予備軍として創立され、以後、代々の当主が、 天皇の養子か猶子つまり名義上の子として、親王宣下を受けてきた世襲親王家。




その後、桂宮家(桃山時代)、有栖川宮家(江戸時代初期)、閑院宮家(江戸時代中期)が 創立され、伏見宮家と合わせて四親王家と呼ばれた。

実際、これら親王家の中から、皇位を継承した例としては、

伏見宮家第3代貞成(さだふさ)親王の王子・彦仁(ひこひと)王が後花園天皇(102代)となり、 有栖川宮家第2代良仁(ながひと)親王自身が、後西天皇(111代)に、 閑院宮家第2代典仁(すけひと)親王の王子・兼仁(ともひと)王が光格天皇(119代)になった例がある。


以下は、歴代天皇と四親王家の関連系図です。

伏見宮家は第4代貞常親王の流れほぼそのままで、明治を迎えた。




(※関連:第22回




明治維新までは、この四親王家だけが、血統予備軍を担い、 天皇家に親王が何人生まれても、宮家は新設されなかった。

天皇の子でも皇位継承者以外は出家し、仁和寺、輪王寺、智恩院など、 門跡(もんぜき)寺院の僧侶になった。
四親王家や五摂家などの公家も同じで、継嗣以外は出家した。

女子は、門跡尼寺に入る以外に、嫁に行く道があった。
親王家や五摂家などの娘は、閨閥の連鎖・円環の中だけでなく、 外の徳川将軍家や有力大名に入輿する事が多かった。
公家側は経済的な支援を期待し、武家側は京の雅さ(文化)や位階を求めて引き合った。
特に徳川将軍家は正室は京から迎えることを原則としていた。

そして、維新により、この門跡制度は廃止されるに至り、 既に僧籍に入っていた者が、続々と還俗して宮家が新設された。

もし、維新がなければ、これらの親王たちは、そのまま門跡寺の僧侶として、 一生を終えていたはずであったが、徳川幕府が倒れ王政復古とともに、運命は大きく変化した。




閑院宮家第6代を継いだのは、伏見宮邦家親王の第16男子・載仁(ことひと)親王であり、 四親王家のうち、桂宮家有栖川宮家は継嗣がなく、断絶した。

また、伏見宮家から独立して、明治以降、新設された宮家のうち、 小松宮家、華頂宮家は、同様に断絶した。

戦後、皇籍離脱した十一宮家とは、
四親王家から、伏見宮家閑院宮家
伏見宮家から派生した、梨本宮家山階宮家久邇宮家北白川宮家
東伏見宮家賀陽宮家朝香宮家東久邇宮家竹田宮家


すべては、伏見宮家の流れであった。


そらのる





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -








 

●参考文献
「門閥」佐藤朝泰
「天皇家と日本の名族」別冊歴史読本
「明治・大正・昭和 天皇紀」歴史読本
「天皇家の人々」神一行
他、各種人名辞典・系図集