近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第25回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

竹田宮家 竹田恒和・恒泰 家系図 (※転載禁止)

第25回 “スポーツの宮様”竹田宮家とJOC (04.4.29記/のち更新)
今年、2004年はご存知の通り、オリンピックイヤー。
ギリシャのアテネで、8月にオリンピックが、開催されます。

日本でも代表選手やその出場決定の話題等で、日々、盛り上りを見せていますが、 今からちょうど、2ヶ月程前の3月4日、日本列島に衝撃が走りました。

長嶋五輪代表監督、倒れる!脳梗塞の疑いで緊急入院。

幸い大事には、至らず、現在、退院されて、リハビリ中との事ですが、 その時、インタビューに登場していた顔ぶれといえば、
王ダイエー監督、堀内巨人監督、星野前阪神監督など、お馴染みの面々の他に、 JOC(日本オリンピック委員会)からは、会長のコメントが。
「無理をしてもらっては困るが、チームを引っ張ってほしい」と複雑な表情。(日経新聞)

そのJOC会長のお名前といえば、竹田恒和

自身もミュンヘンとモントリオールの二度のオリンピックで、 馬術競技の代表選手に選ばれた経歴を持ち、 平成13年10月に、第4代JOC会長に就任した。

そして、その竹田恒和JOC会長の父の名といえば、竹田恒徳(つねよし)

「竹田」と漢字で書く「たけだ」・・・、見覚えのある名前。そうです、
昭和22年の皇籍離脱前までは、竹田宮恒徳と呼ばれたその方。

「流転の王妃・最後の皇弟」で登場してきた竹田宮とは、この方の事であり、
父は、竹田宮家初代の恒久王、母は明治天皇の娘
妻は、明治の元勲・三條実美の孫娘光子

簡単な系図を描くと、


[系図]



[JOC会長竹田恒和の長男が、作家・皇室評論家竹田恒泰(明治天皇玄孫)]

関連:「系図でみる近現代 第33回」 「近現代天皇家



竹田宮家は、北白川宮能久(よしひさ)親王の第1王子・恒久王が、
明治天皇第6皇女・昌子内親王との結婚に先立って明治39年創立した宮家。

天皇から賜った竹田の宮号は、皇室ゆかりの京都市南部・伏見の竹田に由来する。

恒久王は陸軍に入り、少将にまで昇進したが、
大正8年、スペイン風邪で37歳の若さで亡くなった。


ちなみに、明治天皇の皇女(大正天皇異母妹、母は園祥子[さちこ]は、

第6皇女・昌子内親王が、竹田宮恒久と、
第7皇女・房子内親王が、北白川宮成久(なるひさ)王
第8皇女・允子(のぶこ)内親王が、朝香宮鳩彦(やすひこ)王と、
第9皇女・聡子(としこ)内親王が、東久邇宮稔彦(なるひこ)王と結婚した。


竹田宮邸には、隣接して、北白川宮邸、朝香宮邸があった。

その三家は近しい姉妹関係でいつも往き来してテニスや、 お正月には羽根つき、かるた会をやり、 それには、秩父宮高松宮もよく加わったとの事。

現在(2004年)、竹田宮邸は、高輪プリンスホテル(西武グループ)になっているが、
宮邸そのものは貴賓館(高輪プリンスホテル洋館)と呼ばれ、
結婚式場や宴会場として使われている。

歌手の松田聖子さんも二度目の結婚式をここで挙げた。


恒久王のあとを継いだ長男・恒徳は、陸軍大学卒業、馬術を得意とし、 陸軍騎兵学校の教官を務め、騎兵第十四連隊の第三中隊長となって、 中国戦線の最前線にも出動した。
太平洋戦争時には、大本営参謀として、ガダルカナル作戦に参加。

終戦時、天皇特使として、関東軍前線に停戦を報告すべく、満州に赴くが、 この帰国が一日遅れていたら、ソ連軍の侵攻によって恒徳王は シベリアに抑留されていたかもしれなかった。


スポーツの宮様


戦後は、“スポーツの宮様”として、知られ、日本体育協会専務理事、JOC委員長を歴任。
東京及び札幌オリンピックの招致に尽力し、“体育の日”の創設を提案した。

日本にとって、札幌オリンピックでのハイライトは、何と言っても、 70m級ジャンプでの日本勢の金・銀・銅の独占。
表彰式で、笠谷・金野・青地にメダルを渡したのが、竹田恒徳。

『私はただただ感激で涙ぐみながら、一人一人の首にメダルを懸けて、
「おめでとう、本当によかったね。」と言って握手した。
そのあと、三本の日の丸が、紺碧の大空にくっきりと揚がった時の感激は、
永久に忘れ得ない思い出である。』


IOC(国際オリンピック委員会)理事も務め、国際スポーツ界で長く活躍、 海外でも“プリンス・タケダ”として有名だった。
平成4年に亡くなるまで、JOCの名誉委員を務めていた。

その三男にあたるのが、現JOC会長・竹田恒和
アテネ五輪選手団長も務められますが、 これからオリンピック本番に向けて、益々、忙しくなり、 マスコミに登場の機会も増える事でしょう。


2代続けて、JOCの要職にあり、馬術を得意とする竹田家は、 やはり、JOCと馬が合っているのでしょうね。

ウマい!!?・・・


そらのる

●竹田恒和家系図
竹田恒徳(つねよし)
竹田恒徳
JOC委員長・日本馬術連盟会長・日本スケート連盟会長/
「私の肖像画―皇族からスポーツ大使へ」
「雲の上、下思い出話―元皇族の歩んだ明治・大正・昭和」
「馬よもやま話」
「日本の肖像―旧皇族・華族秘蔵アルバム」(第11巻)大久保利謙/監修
竹田恒和(つねかず) JOC会長(2001年10月~)/竹田恒徳三男/明治天皇曽孫/
長男・竹田恒泰は作家・皇室評論家、次男・竹田恒俊はTBS局員/
馬術でミュンヘン五輪(1972年)・モントリオール五輪(1976年)出場。
■関連:「系図でみる近現代 第33回
「障害馬術」
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索



[竹田恒和 系図]



スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -








●「家系図画像」無断転載・盗用者に関して
このページの家系図画像を無断転載・盗用している一部の心無い人がいます。
ネットの世界で、無断でしても良いのは、ページへのリンクのみです。
(リンクを拒否している場合は、その限りではありません。)

当然、無断転載・コピペ盗用は、完全な犯罪で著作権法違反です。
当ページと同様の家系図画像をお見かけの時は、ルール・マナーを守らない違反ページと認識して下さい。

●参考文献
「門閥」佐藤朝泰
「私の肖像画―皇族からスポーツ大使へ」竹田恒徳
「天皇家と宮家 激動の近代史」歴史と旅
「天皇家と日本の名族」別冊歴史読本
他、各種人名辞典・系図集

●参考TV
TBS「もてもてナインティナイン」
~父はJOC会長!明治天皇の玄孫が見た2020東京オリンピック決定の裏側SP!~