近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第3回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

鳩山由紀夫~鳩山邦夫 家系図 (※転載禁止)

第3回 鳩山という名に消されている鳩山由紀夫の母の旧姓は?(02.10.31記)

「家系図画像」無断転載者に関して


[系図1]




[系図2]



2002年9月に行われた民主党代表選挙に、かろうじて勝利し、
引き続き、党の舵取りを任せられた鳩山由紀夫代表。
しかし、しょっぱなの幹事長人事から、クレームがついた上、
石井紘基民主党衆院議員の刺殺事件や、補選の惨敗?で
心と体の休まる暇もないといったところでしょうか。

確かに党内には、粋のいい若手が着実に育ってきてはいる。
そういったところが、暴発の懸念もあるものの、
まだまだ彼らは成り上がりの域を出ず、資本の裏付けがない。


鳩山家が政治家四代の名門家系というのは有名ですが、
もう一つ有名な重要事項は、

鳩山という名に消されてしまっている母親の旧姓。


それは、・・・・「石橋」

和製英語にすると、「ブリヂストン」
(上記[系図1])


石橋家は、戦後ずっと高額所得者上位常連であり、
鳩山一郎内閣誕生から、現在に至るまでの陰の力はもちろん、石橋家。

何年か前までは、ブリヂストン大株主十傑の7番目に、
鳩山安子1300万株の名が、見受けられた。
(現在、10位の株主の持ち株数は1600万株)

鳩山家のゴッドマザーである彼女は、平成8年、
兄弟がそろって民主党を結成した時、50億円を用意したと言われている。

また、非常に興味深い点は、由紀夫・邦夫兄弟ともそろって、妻が、タレント系ということ。
こういった傾向は最近、よく見かけられるようですが。

そして、高見理沙・エミリー姉妹と、石橋寛・鳩山邦夫のいとこが、
それぞれと結婚したことにより、鳩山・石橋家は二重のつながりを持つに至っている。


さて、これからの展開は??
(02.10.31記)


関連:系図でみる近現代 第43回

そらのる

●鳩山由紀夫・邦夫家系図
鳩山(重右衛門)博房 美作国(岡山県北部)勝山藩藩士/
藩においては剣道の指南、江戸の藩邸では留守居役/
博房と妻・喜久子との間に、江戸藩邸で四男として生まれたのが、鳩山和夫。
もっとも優秀であった三男・十太郎を家に残し、長男・又蔵を裕福な商家に、
次男・盛重を自身の実家(博房も養子であった)小川家に、
四男・和夫を妻の生家・三浦家にそれぞれ養子として出した。
[その時の和夫の子がカヅ(和子)/鈴木喜三郎妻]。
しかし、長男は早世、期待を担った三男は15歳で肺結核により死亡。
そのため、和夫が鳩山家を継ぐことになった。
博房は明治10年4月、強盗に襲われ非業の死を遂げた。
鳩山和夫
鳩山和夫
1856~1911/衆議院議員(政友会)・衆議院議長、早稲田大学総長/博房四男
開成学校法律科(明治8年)卒、法学博士(第1号/明治21年)/
明治元年、漢学塾に入り、そこで3年過ごしたのち、
3年、政府が大学南校を設置したのを機に、藩から貢進生として入学。
大学南校、開成学校を経て、文部省第一期留学生11名の中に選ばれ、
法学修業のため明治8年19歳の時、米国に留学、
コロンビア大、エール大で法律を学び、13年帰国。
東大法学部講師となるが、15年辞任して代言人(弁護士)となり、
東京代言人組合長、東京府会議員を務めた。
18年、外務大臣・井上馨の懇請により、外務省に入り、
外務省権大書記官として条約改正に参画。
19年帝大法科大学教授に就任、教頭。23年弁護士に復帰。
第1回衆議院議員総選挙に立候補するも落選。
25年、第2回総選挙以降、衆院議員当選9回、立憲改進党、進歩党に属し、
29年、36歳で衆院議長、31年外務次官を歴任。
この間、東京専門学校校長、早大総長を務める。晩年立憲政友会入党。
著書・関連本:鳩山和夫
鳩山春子
鳩山春子
共立女子学園共同創立者・第6代校長/明治14年、和夫と結婚/
松本藩藩士・渡辺家(維新後、多賀姓)の7人きょうだいの末娘/
鳩山一郎
鳩山一郎
1883~1959/首相、衆議院議員・自民党初代総裁、東京市議・議長/
東京帝大英法科卒/
一男五女(百合子、玲子、節子、威一郎、恵子、信子)の父/
東京市議から、大正4年衆院議員(政友会)に当選。
昭和6年犬養、7年斎藤実内閣の文相に就任。
8年京大滝川事件当時の文相として大学の自治に介入。
9年大蔵省疑獄事件に連座。政友会分裂の折には久原派の中核となった。
戦後自由党結成に参加し初代総裁となるが、組閣寸前に公職追放となる。
のち鳩山派を率いて、29年日本民主党を結成。
同年ようやく、首相就任の夢を果たし、保守合同を実現、
自由民主党を結成し、初代総裁に就任。
3次まで組閣し、現在に至る自民党政権の原型を創りあげた。
31年にソ連を訪れ国交回復、また国連加盟を実現した。衆院議員通算15期。
鳩山一郎
鳩山一郎
英才の家系―鳩山一郎と鳩山家の人々」豊田穣
若き血の清く燃えて―鳩山一郎から薫へのラブレター
鳩山薫
鳩山薫
共立女子学園理事長/
鳩山春子の長姉・すまの娘・いくの子(すなわち、春子の姪の娘にあたる)
鳩山秀夫
鳩山秀夫
1884~1946/東京帝大教授、衆議院議員(1期/立憲政友会)/鳩山一郎の弟/
東京帝大法科卒/
明治41年東大講師、43年助教授。44年~大正3年欧州留学。
5年教授となり民法講座担当。10、11年に国際連盟総会随員として参加。
15年辞職して弁護士に転じ、昭和7年千葉2区から衆院選に当選した。
ドイツ民法学の論理を用いて日本民法を体系づけ、
著書に当時の学界に大きな影響を与えた「日本債権法総論」、
「日本債権法各論」(全2巻)や「日本民法総論」などがある。
鳩山秀夫
鳩山道夫 ソニー常務・ソニー研究所長、ソニーマグネスケール会長、湘北短大学長/
妻・玲子は鳩山一郎二女(いとこ同士で結婚)/
長女・満喜子、二男・勝郎(三井物産)、三男・明(三井物産)/
鳩山道夫(日本半導体歴史館 黎明期の人々)
鳩山道夫
半導体を支えた人びと―超LSIへの道
鳩山玲人(れひと) サンリオ常務、DeNA社外取締役/曽祖父に鳩山一郎・鳩山秀夫の兄弟/
高校2年の時、父は40歳と3ヵ月で過労のため、出張先のロンドンで急逝。
青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、三菱商事入社。
エイベックスやローソンなどで、メディア・コンテンツビジネスに従事。
2006年、三菱商事を退社して、米ハーバードビジネススクールに留学、08年MBAを取得。
同年サンリオ入社。サンフランシスコ在住。
鳩山玲人 新世代リーダー50人
鳩山玲人
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか
鳩山威一郎
 (いいちろう)
鳩山威一郎
1918~1993/参議院議員(自民党)、外相、大蔵官僚(事務次官)/
東京帝大法学部卒/妻の安子はブリヂストン創業者の娘
海軍時代を経て、大蔵省に入り、経済企画庁長官官房長、理財・主計両局長などを
歴任し、昭和47年6月大蔵省事務次官で退職。
次官在任中に起きたドルショックの際は、円防衛策を水田蔵相の下で指揮。
49年参院選に出馬、以来当選3回。福田内閣の外相を務めた。
中曽根派、無派閥を経て、渡辺派。平成4年引退。
「追想 鳩山威一郎」鳩山会館/編
井上和子 鳩山友愛塾塾長/鳩山威一郎長女、由紀夫・邦夫の姉/
鳩山友愛塾
井上多門 筑波大学教授
鳩山由紀夫(兄)
鳩山由紀夫
第93代首相、衆議院議員(民主党)、民主党代表/
東大工学部卒、米国スタンフォード大工学部修了(工学博士)/
2012年、衆院選に出馬せず、政界より引退。
鳩山由紀夫オフィシャルホームページ
鳩山由紀夫
鳩山一族―誰も書かなかったその内幕」伊藤博敏
華麗なる鳩山一族の野望」大下英治
鳩山幸
 (みゆき)
元タカラジェンヌ娘役・若みゆき/
宝塚歌劇団に昭和36年入団、42年退団
鳩山幸
ようこそ鳩山家へ―鳩山幸さんのお料理、ファッション、おもてなし
鳩山紀一郎 モスクワ大学客員講師/鳩山由紀夫長男/
東大工学部都市工学科卒/
妻・玲子は東大卒。工学部の産業機械工学専攻から大学院修士修了。
神戸の実家は医院。鳩山家の女性で東大卒は初めて。
ソニーに入社後、MDウォークマンなど機械の設計を担当した。
二人は友人の紹介で知り合っていたが、親しくなったのは大学院生の頃。
紀一郎がチェロ、玲子がバイオリンでアマチュア・オーケストラに所属した/
東大工学部から大学院に進み、交通・都市基盤計画研究室で助手を務めた。
東京大学で博士号を取得。平成20年2月、妻子とともにモスクワに移り住む。
交通工学の専門家として、渋滞の緩和策について日々、研究。
研究の場として、モスクワを選んだ理由は、急速な経済発展に伴う、
交通環境の悪化にもかかわらず、研究者がほとんど着目していなかった
モスクワへの学者としての関心と、昭和31年「日ソ共同宣言」に署名した、
曽祖父・一郎元首相の代から続く鳩山家とロシアとの繋がりから。
自身の将来に関しては、「政治に関心はあるが今は学者として社会に貢献したい」。
鳩山邦夫(弟)
鳩山邦夫
衆議院議員(自民党)、総務相・法相・労相・文相、元民主党副代表/
東大法学部卒/
鳩山邦夫 公式ホームページ
鳩山邦夫
鳩山エミリ 元モデル・タレント高見エミリー/
「仮面ライダー」出演や、かぜ薬CM「ジキニンなおって~」。
母は日本人、父はオーストラリア人貿易商 J・K・ベアード、
姉・高見理沙(本名・マジョリー)は、元CMタレント。
「食べるのが大好き」
鳩山太郎 鳩山インベストメント社長、タレント、東京都議(1期)/邦夫長男。1974年生/
2003年東京都議に初当選。その後、05年都議選、07年文京区長選、10年参院選に出馬するも落選。
鳩山太郎ウェブサイト
高実華子
(高見華子)
歌手、イラストレーター/本名・鳩山華子/邦夫長女。1977年生/
慶大経済学部卒/
『小学生の時に米国生活を経験し、英語が堪能。平成11年都知事選に立候補した父の応援演説も行う。
同年bayfm「PLEASURE INDEX」のDJとしてデビュー。映画「トータル合気道」にも出演。
12年同番組の放送作家・川嶋ひとみと共著で絵本「笛ふき小犬」(絵担当)を出版、ベストセラーとなる。
13年ミニアルバム「ON THE FIRST」でCDデビュー。
(「テレビ・タレント人名事典」日外アソシエーツ)より』
CD「on the 1st 」高実華子
笛ふき小犬」かわしまひとみ/著、たかみはなこ/イラスト
鳩山二郎 福岡県大川市長、鳩山邦夫公設秘書/邦夫次男。1979年生/
2013年6月30日投開票の福岡県大川市長選に出馬。元市長ら3氏に圧勝し、34歳で初当選。
石橋正二郎
石橋正二郎
ブリヂストン創業者
関連本
石橋幹一郎 ブリヂストン名誉会長
石橋幹一郎
著書・関連本
石橋寛 ブリヂストン監査役/妻の理沙は高見エミリーの姉。
団琢磨
団琢磨
三井合名理事長/男爵/
三井本館前で暗殺される(血盟団事件)
男爵団琢磨伝〈上,下巻〉
団伊能
団伊能
参議院議員、プリンス自動車社長、貴族院議員/男爵
団伊玖磨
団伊玖磨
作曲家、「ぞうさん」作曲者/
著書・関連本
多賀努
多賀努
松本藩家臣・渡辺幸右衛門(明治初年、多賀に改名)/
維新後、松本県大参事、廃藩置県後、石巻県大参事を務めた。
寺田栄
寺田栄
内閣書記官長、貴族院議員
井上薫 第一勧銀初代会長
菊池大麓
菊池大麓
東京帝大総長、貴族院議員/男爵
菊池大麓|近代日本人の肖像
鈴木喜三郎
鈴木喜三郎
衆議院議員(立憲政友会)、貴族院議員、司法官僚/
鳩山一郎の異母姉・カヅ(和子/明治9年10月生)の夫/
鈴木喜三郎|近代日本人の肖像
美濃部達吉
美濃部達吉
東京帝大教授、憲法学者、貴族院議員/
美濃部達吉
美濃部亮吉
美濃部亮吉
東京都知事、参議院議員/
美濃部亮吉
浜口雄幸
浜口雄幸
首相、蔵相、内相、大蔵官僚/
浜口雄幸|近代日本人の肖像
浜口雄幸
浜口巌根
浜口巌根
日本長期信用銀行会長・頭取
古沢潤一 日本輸出入銀行総裁、日銀理事
古沢義文 第一勧銀
増岡正剛 増岡組社長
増岡博之 衆議院議員(自民党)・厚相/正剛の兄
早大政経学部卒/
関連系図
福井直祥 日本航空/父は東京芸大学長・福井直俊、祖父は武蔵野音大創業者・福井直秋
山中繁 石炭協会
渡辺暁雄(あけお)
渡辺暁雄
指揮者、東京芸大教授、広島交響楽団名誉音楽監督/
父は牧師、母は声楽家・渡辺シーリ(フィンランド人)
渡辺康雄
渡辺康雄
ピアニスト、指揮者、くらしき作陽大学教授
渡辺規久雄
渡辺規久雄
ピアニスト、武蔵野音大教授
寺田悦子 ピアニスト/父は小池酸素工業副社長・寺田竹男
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索



[画像/旧]



スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -








●「家系図画像」無断転載・盗用者に関して
このページの家系図画像を無断転載・盗用している一部の心無い人がいます。
ネットの世界で、無断でしても良いのは、ページへのリンクのみです。
(リンクを拒否している場合は、その限りではありません。)

当然、無断転載・コピペ盗用は、完全な犯罪で著作権法違反です。
当ページと同様の家系図画像をお見かけの時は、ルール・マナーを守らない違反ページと認識して下さい。