近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第52回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

後藤象二郎 家系図 (※転載禁止)

第52回 土佐藩参政・吉田東洋と後藤象二郎。そして、後藤伯爵家三代、及び、後裔たち (2010.3.31記)

後藤象二郎は、歴史の教科書では、こう登場する。

『1867(慶応3)年、前年に同盟を結んだ薩長両藩は、ついに武力倒幕を決意した。
これに対し土佐藩はあくまで公武合体の立場をとり、
藩士の後藤象二郎坂本龍馬とが前藩主の山内豊信(容堂)を通して
将軍徳川慶喜に、倒幕派の機先を制して政権の返還をすすめた(※)。
慶喜もこの策を受け入れ、ついに10月14日、大政奉還の上表を朝廷に提出した。』


(※)将軍からいったん政権を朝廷に返させ、朝廷のもとに
徳川主導の諸藩の連合政権を樹立するという構想であった。



機先を制せられた倒幕派は、
12月9日、王政復古の大号令を発し、
天皇を中心とする新政府を樹立する。
(将軍、摂政・関白の廃止。天皇のもとに総裁・議定・参与の三職をおく。)

そして、参与には、

「薩摩藩からは、西郷隆盛大久保利通
土佐藩からは、後藤象二郎福岡孝弟らが任じられ、
まもなく、長州藩の木戸孝允広沢真臣がこれに加わった」


とある。


参与は、他にも公家や雄藩から数多く任じられたが、
後藤象二郎は、“維新の三傑”西郷・大久保・木戸にも、
ある意味、並び立つと言っても過言ではない、土佐を代表する存在であった。


土佐藩参政・吉田東洋と後藤象二郎

後藤家は、代々、馬廻り格の上士の家柄であった。

後藤象二郎の祖父にあたる後藤正澄には、
二男三女があったが、男子二人は早世し、
正澄自身も江戸勤番中に、病死してしまう。

そのため、正澄の妹が嫁いだ橋本家の次男を
後藤家の養子に迎え、後藤正晴とし、家を継がせた。
そして、正晴は、妻・もよ(大塚家)との間に、象二郎をもうけた。
[後藤象二郎は岩崎弥太郎より3歳年下、坂本龍馬より2歳年下]

また、正澄の三人の娘は皆、他家に嫁いだが、
そのうちの三女・琴が、吉田東洋の妻であった。

(「伯爵後藤象二郎」及び、下記参考文献をもとに、[系図1]を作成)


すなわち、後藤象二郎は、吉田東洋の妻の甥にあたり
(血縁的には、妻のいとこの子)、
父・正晴は、象二郎11歳の時に亡くなり、
義理の叔父である吉田東洋の薫陶を受けて育つに至った。


安政元(1854)年、17歳の時、象二郎は、
吉田東洋の仲介で、東洋の親戚、同格の馬廻りの家柄で、
藩の要職にあった寺田剛正(左右馬)の次女・磯子と結婚した。

二男二女(長男・貞馬は夭折)をもうけるも、
妻・磯子は慶応3(1867)年、若くして病死した。

のち、長女・早苗は、岩崎弥之助(三菱財閥第2代総帥/男爵)の妻、
次女・小苗は、大江卓(衆議院議員、社会運動家)の妻となった。
岩崎・大江ともに、土佐の出身であった。

また、次男・後藤猛太郎は、象二郎のあと、後藤伯爵家を継いだ。


なお、吉田東洋は、文久2(1862)年、土佐勤王党により、
暗殺されるが、11歳で遺児となった長男・吉田正春は、
のち、板垣退助らとともに、自由民権運動家として活躍。

その後、外務省理事官として、明治13年、井上馨外務卿の命により、
ペルシャ、トルコを訪問、帰国後、「回疆探検 ペルシャの旅」を著し、
ペルシャ方面の事情を紹介した最初の書として注目された。


[系図1 吉田東洋・後藤象二郎 家系図 (※転載禁止)]



後藤象二郎夫人(後妻)・雪子

後藤象二郎は、慶応年間、京都で奔走していた頃、
最初の妻・磯子の死と前後して、
芸者だった雪子と知り合い、維新の翌年、結婚した。

武士の出の象二郎が、町人の出の雪子と結婚するのは、
まだ、明治のごく初期では、そのままでは難しかったのか、
雪子は、岩崎弥太郎の養妹という形をとり、岩崎家から象二郎に嫁いだ。


『食道楽』の人 村井弦斎
『食道楽』の人 村井弦斎


上記評伝の人物・村井弦斎は、
明治の大ベストセラー小説「食道楽」の著者であり、“食育”の先駆者であった。

この村井弦斎の妻・多嘉子(明治33年結婚)が、雪子の姪にあたり、
すなわち、母・峯子がその姉であった。

(上記評伝、及び、下記参考文献をもとに、[系図2]を作成)


峯子は、京都出身で、禁裏御用達の瀬戸物商「富田屋」の井上源兵衛に嫁いだ。
しかし、夫は早世し、未亡人となって京都の四条寺町の大きな屋敷に住んでいた。
その後、四条木屋町にあった勤皇志士の本部が火事で焼けた時、
屋敷の離れが徴発され、そこに最初に乗り込んで来たのが、
土佐の志士・後藤象二郎の一行であった。

その縁で峯子の妹・雪子が後藤象二郎の後妻になり、
峯子も志士の一人であった肥前藩士・尾崎宇作と再婚したという。

尾崎の従兄弟(母同士が姉妹)は、大隈重信であった。

また、峯子と雪子の弟である井上竹次郎は歌舞伎座社長を務めた。


後藤象二郎は、雪子夫人との間に、二男四女(二人は夭折)をもうけ、
三女にあたる木末(こずえ)は若山鉉吉(海軍造船技師)に嫁ぎ、
五女・延子は、長与称吉(内科医/男爵)に嫁いだ。

明治25年、明治天皇が、4万坪ある東京高輪の後藤邸行幸のおりには、
象二郎・雪子夫妻、家族らに、謁を賜り、御下賜品もあった。
後藤象二郎、絶頂の時代であった。

後藤象二郎は、大法螺吹きであり、ブレの多い人物であったが、
過去を語る事無く、常に今日を説き、将来を語る人物であった。
豪快・奔放、しぶとく最後まで生き残るしたたかさは筋金入りであり、
一言で言えば、“豪傑”というのが、通り相場であった。

しかし、この奔放さが、子・孫の三世代に渡って受け継がれ、
“後藤象二郎”という名声や、伯爵家の威光も加わり、
度を越し、放蕩三昧の方向に、行ってしまうのであったが・・。


[系図2 後藤象二郎家系図 (※転載禁止)]

そらのる

●後藤象二郎家系図
後藤正澄 土佐藩上士、馬廻り/後藤左近右衛門正澄/
藩の西山家の娘を娶り、二男三女をもうけるも、男子二人は夭折。
後藤正晴 土佐藩上士、馬廻り/後藤助右衛門正晴/後藤象二郎の父
橋本家より養子入り。妻・もよは大塚家の娘。
吉田東洋
吉田東洋
土佐藩参政/妻・琴の甥が後藤象二郎/
文久2年4月8日、城中よりの帰途、土佐勤王党の那須信吾、大石団蔵、安岡嘉助の
3人に襲撃され暗殺される。
吉田正春
吉田正春
外務省理事官、自由民権運動家/吉田東洋長男
11歳で父・東洋を、次いで母を失ったため、後藤家で養育された。
回疆探検 ペルシャの旅
寺田剛正
寺田剛正
土佐藩士、仕置役、佐幕派の指導者/通称・寺田左右馬
後藤象二郎
後藤象二郎
農商務相、逓信相、参議、土佐藩参政/伯爵
最初の妻・磯子との間に、貞馬(夭折)、早苗、小苗、猛太郎の二男二女をもうけ、
後妻・雪子との間には、木末、ますみ(夭折)、六弥、仲弥(夭折)、延子、五十子の
二男四女が生まれた。
後藤象二郎|近代日本人の肖像
後藤雪子 象二郎後妻、小畑平吉三女
後藤猛太郎 日本活動フィルム会社(日活の前身)初代社長/伯爵
象二郎次男、後藤家を継ぐ。
後藤六弥 象二郎三男
岩崎弥太郎
岩崎弥太郎
三菱財閥創業者/岩崎弥之助の兄
岩崎弥之助
岩崎弥之助
三菱財閥第2代総帥、日本銀行第4代総裁/男爵
妻・早苗は後藤象二郎長女
大江卓
大江卓
衆議院議員、東京株式取引所副会頭、内務官僚、京釜鉄道重役、社会運動家/
妻・小苗は後藤象二郎次女
若山鉉吉
(げんきち)
1856~1899/海軍設計技師・造船技師、三井芝浦製作所長/
妻・木末(こずえ)は後藤象二郎三女/
フランスに留学し海軍技術研修に励み、帰国して海軍の機械関係の仕事に従事、
のち、独立して土木業を営んだ。
長与専斎
長与専斎
内務省衛生局長・中央衛生会長
長与専斎|近代日本人の肖像
長与称吉
長与称吉
内科医、大日本私立衛生会会頭/長与専斎長男/男爵
妻・延子は後藤象二郎五女
■関連:系図でみる近現代 第12回
成富公三郎 佐賀県士族・成富儀平次長男/
妻・五十子は後藤象二郎六女
井上竹次郎
井上竹次郎
1849~1909/歌舞伎座社長/
株式の投機売買を試み、また歌舞伎座を継承し、劇界に名声を博した。
尾崎宇作(卯作) 尾崎家は肥前藩士八百石の家柄で、大隈家とは隣村同士だったため、
大隈重信とは、本当の兄弟のように親しく育った。
佐賀を出てからも、維新の志士として、ともに働いてきた間柄だったという。
大隈三井子
大隈三井子
大隈重信の母/杉本牧太二女
大隈重信
大隈重信
首相、外相、早稲田大学創立者・総長/侯爵
大隈重信|近代日本人の肖像
村井弦斎
村井弦斎
小説家、新聞記者、食育の先駆者/
村井弦斎
食道楽(上)」「食道楽 (下)
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -