系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

■関連ページ
近現代・系図ワールド

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、家系図を交えて紹介するサイトです。
スポンサーリンク


系図でみる近現代 第7回

安倍晋三 家系図 [系図1] [系図2] [系図3] (※転載禁止)

第7回 北朝鮮拉致問題、ベストドレッサー賞、内閣官房副長官安倍晋三(02.12.22記/のち追記)

[系図1]

安倍晋三家系図


[系図2]


安倍晋三・岸信夫家系図


[系図3]


海老沢勝二家系図




北朝鮮拉致問題、ベストドレッサー賞、内閣官房副長官安倍晋三(02.12.22)


北朝鮮による拉致が明確でない時代から、その問題に取り組み、
拉致被害者家族から絶大なる信頼を得て、政府側・内閣官房副長官として、
「拉致議連」(北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟)とともに
拉致被害者の救済に国の威信をかけて全力で取り組む安倍晋三

彼は、同じく政治家だった祖父(母方)とは、一味違った
誠実な雰囲気のキャラクターで好印象・好感を持たれています。

また最近、2002年度ベストドレッサー賞(政治・経済部門)も受賞し
その時のコメントは確か「が受賞したようなものです。」

そしてこの賞は、以前に大叔父(祖父の弟)も受賞している。

これらの人物を系図上に表すと
(上記 [系図1])



追記(03.6.29)

上記 [系図1]では、あえて、描いておりませんでしたが、
安倍晋三官房副長官には、弟がおり、
その名を岸信夫(安倍晋太郎三男)と言います。

岸信介元首相の息子・岸信和には、子供がなく、
信夫が、生後すぐ、安倍家から岸家に養子に入りました。
(当人はその事実を、大学に入る時、戸籍謄本を見て初めて知った。)

その岸信夫が、昨年(2002年)、勤めていた住友商事を退職し、次期参院選(山口選挙区)
あるいは、衆院選(山口二区)への出馬が、取り沙汰されています。

衆院山口二区現職の平岡秀夫(民主党)は元大蔵官僚(S51年入省)で、
弁護士資格を持つ人物。
前回、総選挙では、佐藤信二元通産相を破り、初当選。
佐藤信二は次回に雪辱を期す。

[※しかし、自民党山口県連は、山口二区に「佐藤氏擁立せず」と決定!?]

また、前々回、総選挙で、その佐藤氏に惜敗し、その後
参議院にまわり、次回、参院選で改選を迎える現職が、松岡満寿男

岸信夫は、それらの中に割って入る? 果たしてどうなる事やら??

そして、実は、この佐藤・松岡・岸のお三方は、同一系図上に載る、いわゆる一族でもある!
[系図2]


追記(04.7.17)

2003年11月に行われた衆議院選挙・山口二区に、
結局、自民党より出馬したのは、佐藤信二でしたが、
雪辱ならず、民主党・平岡秀夫が再度、当選。
しかし、佐藤信二は、比例代表中国ブロックで復活当選を果たし、
3年4ヶ月ぶりに、国政の場に返り咲きました。

また、先日、2004年7月11日に行われた参議院選挙ですが、
山口選挙区参議院現職だった松岡満寿男は、
2003年暮れに、参議院無所属の会より民主党に入党していたが、
今回の参議院選挙には、不出馬を表明。

山口選挙区に、民主党より出馬したのは、前回衆議院選挙・山口一区で、
次点に泣いた元厚生官僚で、山口県副知事を務めた大泉博子。

そして、結局、勝利をおさめたのは、安倍晋三自民党幹事長の弟・岸信夫であった。



2006年9月26日、安倍晋三前内閣官房長官が、内閣総理大臣に就任

長州(山口県)で、
伊藤博文、山県有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤栄作に次ぐ8番目の首相誕生。
ちなみに、晋三・晋太郎の“晋”は長州が生んだ維新の志士・高杉晋作に由来する。

(2007年9月26日、ちょうど1年の短命政権で、安倍内閣は幕を閉じた・・。)


そして、捲土重来を期し、
2012年12月26日、第二次安倍晋三内閣が発足!




■[番外編]
系図には、海老沢勝二 NHK元会長も (追記/2010.6.11)

雑誌「SAPIO」2005年1月5日号の記事によれば、

海老沢会長(昭和9年生)は、
橋本登美三郎 [同郷、潮来町(茨城県)出身・衆議院議員]の世話で、
「佐藤(栄作)元首相夫人の姪を妻にした」とある。

しかし、他の下記・[系図3]参考文献から、判断すると、
「海老沢勝二の妻は、岸・佐藤元首相及び寛子夫人のいとこの娘」が正解であろう。 [系図3]

妻・紀子の母方祖父が、岸・佐藤元首相の叔父・佐藤寛造(医師)であり、
父方の曽祖父は長州出身、陸軍中将・沖原光孚(こうふ/男爵・貴族院議員)である。

ちなみに、佐藤栄作夫人・寛子は、妹・正子との二人姉妹であり、
“佐藤元首相夫人の姪”を妻に持つのは、元防衛施設庁次長・古賀速雄

東京オリンピック女子バレーボールで、金メダルに輝いた、
“東洋の魔女”のキャプテンと言えば河西昌枝。

佐藤寛子の著書「佐藤寛子の宰相夫人秘録」によれば、

河西昌枝の縁談を大松博文監督(のち参議院議員)から頼まれたが、
長身ゆえなかなか決まらず、

「私はとうとう姪の夫、古賀速雄が防衛庁に勤めていることを思いおこし、
自衛隊員に目をつけました。」とある。

なお、古賀速雄の弟が、NHKチーフプロデューサーを務めた古賀龍二(昭和3年生)。
大河ドラマ「新・平家物語」「元禄太平記」などの製作を手掛けた。
また、長女は、イタリア都市文化やオペラにも造詣の深い英文学者、
辻麻子首都大学東京教授である。


安倍晋三家系図(安倍・岸・佐藤家・他) : [佐藤信寛(島根県令)、佐藤信彦(漢学者・県会議員)]
安倍晋三
安倍晋三
首相、衆議院議員(自民党)/安倍晋太郎次男/
妻・安倍昭恵。1987年結婚、子供はいない/
安倍晋三 公式サイト
著書・関連本
安倍晋三―安倍家三代」大下英治
気骨―安倍晋三のDNA」野上忠興
安倍晋三物語」山際澄夫
安倍昭恵
安倍昭恵
安倍晋三夫人/父・松崎昭雄森永製菓第5代社長の長女/
母方曽祖父は森永製菓創業者・初代社長・森永太一郎、
父方曽祖父は太一郎のパートナー、森永製菓2代社長・松崎半三郎/
安倍晋太郎
安倍晋太郎
自民党衆議院議員・幹事長、通産相・外相等を歴任/
父は、衆議院議員・安倍寛、妻・洋子は岸信介の娘/
総理総裁の座を目前に病に倒れる
関連本
わたしの安倍晋太郎―岸信介の娘として」安倍洋子(妻)
安倍寛信 三菱商事パッケージング社長、三菱商事中国支社長/安倍晋太郎長男。晋三の兄/
妻・幸子は牛尾治朗長女
安倍寛(かん)
安倍寛
衆議院議員(日本進歩党)/安倍晋太郎の父/
昭和3年普通選挙法による初の総選挙に立候補するが落選。
肺結核とカリエスで養生中の体で、8年山口県の日置村(現・油谷町)村長となる。
農村塾を開設し、青年たちのための学ぶ場をつくり「今松陰」と呼ばれた
10年には村長のまま県議に担ぎ出され当選。
12年4月の総選挙に無所属で出馬し、日置村の98%もの票を集め、
三木武夫らとともに初当選を果たし衆議院議員。
17年4月には東条英機内閣が押し進めたいわゆる翼賛選挙が行われ、
軍閥主義に対する批判の表現として、無所属・非推薦で出たにもかかわらず当選。
昭和20年11月、273名の同士と日本進歩党を結成。21年1月、心臓麻痺で急死。
岸信介
岸信介
首相(S32.2~35.7)/晋三の祖父/旧姓・佐藤/
’20年農商務省に入り、商工官僚として頭角を現す。’36年満州国総務部次長を経て
’39年商工次官。東条内閣商工相、同省の軍需省への改組後は東条軍需相の下で
国務相・軍需次官を務めた。
戦後は、A級戦犯容疑者として服役したが不起訴となり’48年釈放。
’52年追放解除後は反吉田保守勢力の糾合に尽力、日本民主党幹事長、
保守合同後の自民党初代幹事長を務めた。
石橋湛山首相の病気辞任で首相就任、二次にわたり組閣。
日米安保条約の改正を推し進め、新安保条約の国会承認後、総辞職。
それ以後も自民党タカ派の長老として隠然たる勢力を振るった。
佐藤栄作
佐藤栄作
首相(S39.11~47.7)、ノーベル平和賞受賞者/晋三の大叔父/
妻・寛子は、佐藤本家のいとこであり、元外相・松岡洋右の姪/
吉田茂に見込まれ、国会の議席なしに第二次吉田内閣で官房長官に大抜擢。
池田勇人とともに“吉田学校の優等生”と称された。
64年池田首相の病気引退ののち、組閣。以後7年8ヵ月にわたり政権を担当。
72年5月、沖縄返還実現を最後に退陣。
首相在任中の「非核三原則」などで74年ノーベル平和賞受賞。
著書・関連本(※関連のないものも表示)
「佐藤寛子の宰相夫人秘録」佐藤寛子(妻)
大島義昌
大島義昌
陸軍大将/子爵/
日清戦争に陸軍少将、歩兵第九旅団長として従軍、偉勲をたて男爵、
日露戦争では、第三師団長として出征、奉天大会戦で武勲を立て、子爵、陸軍大将。
本堂恒次郎
本堂恒次郎
陸軍軍医監/妻の妹・二三子の夫は外交官・長岡春一
西村正雄
西村正雄
安倍晋太郎の異父弟、みずほホールディングス会長/
世界経営者会議
吉田茂
吉田茂
首相(S21.5~22.5、23.10~29.12)/
長女・桜子の夫が、外交官・吉田寛(岸・佐藤兄弟の従兄弟、早世)
牛尾治朗
牛尾治朗
ウシオ電機会長、経済同友会代表幹事/
一男一女の父。娘が安倍晋三の兄・寛信(三菱商事)の妻。
著書・関連本
●森永・松崎家:森永製菓は明治32年創業以来、同族経営で森永・松崎両家がほぼ交互に社長を務める
森永太一郎
森永太一郎
森永製菓創業者・初代社長
菓商―小説 森永太一郎」若山三郎
森永太平
森永太平
第3代森永製菓社長
森永剛太 第6代森永製菓社長
松崎半三郎
松崎半三郎
第2代森永製菓社長/四男一女の父/
長男・一雄、次男・捷二、長女・貞子、三男・太三郎(早世)、四男・四郎
松崎一雄 森永製菓相談役
松崎昭雄 第5代森永製菓社長/妻・恵美子は森永太平次女/
一男一女の父。長女・昭恵は安倍晋三の妻
池部良
池部良
俳優、日本映画俳優協会理事長/父は洋画家・池部釣(ひとし)/
関連系図
※人事興信録によると、妻・美子は“松崎半三郎の孫”であり、
「財界家系譜大観」の系図では、半三郎の養子となっている。
これらから判断すると、美子は半三郎の長女・さだ(貞子)の娘と思われる。
著書・関連本
心残りは…
映画俳優 池部良」志村三代子
関連DVD
●佐藤・松岡・岸家系図
岸信夫
岸信夫
衆議院議員・参議院議員(自民党)、住友商事勤務/安倍晋太郎三男、岸家に養子入り/
妻・智香子とは職場結婚/
慶大経済学部卒/
平成24年12月衆院選に、参議院より鞍替え出馬し当選。
岸信夫/Official Web Site
江入靖明
(えいり)
別府・杉乃井ホテル副社長/長女・智香子は岸信夫の妻/
昭和55年甲陽建設工業専務を経て、61年杉乃井ホテル副社長
松岡三雄 光市長(S26~29、35~46)/松岡洋右(四男)の兄・賢亮(三男)の息子
松岡満壽男
松岡満壽男
参議院議員・無所属の会、山口県光市長(S46~57)、
日本新党代表幹事・新進党結党に参加。 衆院一期、参院二期/
大叔父が松岡洋右、父・三雄は元・光市長、妻・静子は坂本実衆議院議員の娘/
平成16年、政界より引退。
松岡洋右
松岡洋右
外相・満鉄総裁/
妹・藤枝の夫が佐藤松介(岡山医専教授、岸・佐藤兄弟の叔父)、
その娘が佐藤栄作夫人・寛子/
首席全権として’33年国際連盟脱退、’35年満鉄総裁、
’40年に第二次近衞内閣の外相となり、大東亜共栄圏を提唱。
日独伊三国同盟、翌’41年日ソ中立条約を締結しその上で、日米関係を打開しようとしたが、
逆に三国同盟が日米の対立を深刻化させるもとになった。
独ソ戦が勃発し内閣総辞職のかたちで、更迭。
戦後、A級戦犯に指名されたが、判決前に病死。
関連本
松岡謙一郎
松岡謙一郎
テレビ朝日副社長(昭和60年退任)、サンテレフォト社長、日本ケーブルテレビジョン社長/
松岡洋右長男。母・龍子は日本で初めての工学博士進経太長女。
妻・喜久子は、いとこ(進誠二の長女)。
三弟・松岡震三は住友金属工業専務、四弟・松岡志郎は東レ・デュポン常務を務めた。
佐藤信二
佐藤信二
運輸相・通産相、衆議院議員(自民党)/佐藤栄作次男/
妻・和子は安西浩長女/
平成17年、政界より引退。
関連:「系図でみる近現代 第11回
安西浩
安西浩
東京ガス社長、会長/
二男・安西邦夫(佐藤和子の兄)も、東京ガス社長、会長を務めた。
阿達雅志 国際弁護士、佐藤信二秘書、住友商事社員/
妻・実花は佐藤信二次女
佐藤秀助 山口県庁官吏/岸家より佐藤家(分家)に養子入り
佐藤市郎
佐藤市郎
海軍中将/岸・佐藤兄弟の長兄
父、佐藤市郎が書き遺した軍縮会議秘録」佐藤市郎/著、佐藤信太郎/編
佐藤松介 岡山医専教授/佐藤信彦長男、茂世の弟
岸信和 西部石油会長/岸信介長男、妻は田辺譲の次女
田辺譲(ゆずる) 衆議院議員[当選1回(S21年)/日本自由党]、山口県会議長/
母・辰(辰子)は鮎川義介の母・ナカ(仲子)の妹。
木村義雄 衆議院議員[当選1回(S21年)/日本自由党]、医師
鮎川義介(よしすけ)
鮎川義介
日産コンツェルン創始者、満州重工業開発総裁、
日本中小企業政治連盟総裁、参議院議員/井上馨の姪の息子にあたる。
小沢正路 代官/妻・ツネ(常子)は井上馨の姉
井上馨
井上馨
外相、元老/侯爵
●海老沢・沖原家系図
沖原光孚(こうふ)
沖原光孚
1848~1931/陸軍中将、貴族院議員(明治44~大正14年)/男爵
陸軍に入り、日清戦争に従軍。累進して明治33年中将となる。
日露戦争には留守第9師団長、のち第15師団長に転じて出征した。
40年9月、日露戦争の勲功により男爵を授けられた。
沖原光彦 昭和製鋼所勤務(戦前)/男爵
父は沖原三郎(大正13年没)、祖父は沖原光孚
佐藤寛造 医師/佐藤信彦次男、岸信介・佐藤栄作の叔父
海老沢進 潮来町助役、潮来町議/家業は筵(むしろ)などの加工・販売業
海老沢勝二
海老沢勝二
NHK会長(1997~2005年)/進の次男/
妻・紀子は沖原光彦の娘。次男・海老沢洋はNHKカメラマン/
早大第一政治経済学部卒
原秀熊 第一電工社長・会長/妻・正子は佐藤寛子の妹/
大正13年東京商大卒、三菱電機勤務、日本無線取締役を経て、
昭和23年第一電工社長、55年会長。
古賀速雄 防衛施設庁次長/妻・和子は佐藤寛子の姪/
東大文学部社会学科卒
辻麻子 英文学者、首都大学東京教授/古賀速雄長女、夫は辻昌宏/
関連本
ジェイムスン、アルチュセール、マルクス―『政治的無意識』入門講座 (ポイエーシス叢書)
ウィリアム・C. ダウリング、William C. Dowling、翻訳
パロディの理論」リンダ・ハッチオン、翻訳
君の微笑み―エットレ・バスティアニーニ がんと闘い、歌に生きたその生涯と芸術
マリーナ・ボアーニョ、ジルベルト・スタローネ、辻昌宏・辻麻子/翻訳
辻昌宏 英文学者、明治大学教授/
■ブログ:「イタリアに好奇心
関連本
ダンテと現代」米川良夫/編、共著
逸脱の系譜」高橋康也/編、共著
子どもたちの100の言葉―イタリア/レッジョ・エミリア市の幼児教育実践記録
レッジョチルドレン、田辺敬子・木下龍太郎・辻昌宏/翻訳
古賀龍二 NHKチーフプロデューサー/速雄の弟
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:ウィキペディア、コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク


近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図

スポンサーリンク



その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献や、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、また、TV番組なども、参考に描いております。

当サイト及びページは、リンクフリーです。

ただし、文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。
無断転載は、一切お断りいたします。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。




系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 - 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4








 

●参考文献
わたしの安倍晋太郎―岸信介の娘として」安倍洋子
安倍晋三―安倍家三代」大下英治
爽快なり、立ち技―小説・安倍晋太郎」大下英治
渡辺美智雄はなぜ、安倍晋太郎に追いついたか」菊池久
閨閥―特権階級の盛衰の系譜」神一行
松岡洋右―その人間と外交」三輪公忠
岸信介―権勢の政治家」原彬久
「週刊現代」2006年8/19・26号~10/14号[安倍晋三“空虚なプリンス”の血脈]松田賢弥
松崎半三郎
「財界家系譜大観」
議会制度百年史 (貴族院・参議院議員名鑑)
「華族大観」西邑木一
佐藤寛子の宰相夫人秘録」佐藤寛子
「週刊新潮」 [結婚]
ほか

追記(03.6.29)に関して、イワタトオルさんに情報でご協力いただきました。


花本さまより、基本情報をいただきました。
[系図3]
平成新修旧華族家系大成 (上巻)」霞会館
人事興信録
閨閥―日本のニュー・エスタブリッシュメント」佐藤朝泰
「SAPIO」2005.1.5号[追いつめられたNHKのドン 海老沢会長「野望のルーツ」]
「週刊現代」2005.2.12号[朝日と大戦争「院政NHKの罪」]
●花本さまより、池部・松崎家に関して貴重なご指摘をいただきました。