近現代・系図ワールド
系図でみる近現代~夢・感動・人間!~

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

系図でみる近現代 第8回

近現代人物のエピソード、系譜・閨閥など、系図を交えて紹介。

徳川恒孝 家系図 (※転載禁止)

第8回 徳川第18代将軍!?徳川恒孝(02.12.31記)

平成15年、すなわち2003年は、徳川家康が1603年に 江戸幕府を開いてから、ちょうど400年にあたります。

家康を初代とする徳川宗家(そうけ)は、現在で第18代を数え、その当主は平成14年6月、
日本郵船の副社長を辞任し、顧問に退いた徳川恒孝(つねなり)氏。
お顔も家康公によく似ているとの評判。

その第18代当主の事が10月半ばの日経新聞夕刊「人間発見」、 そして11月末のTV東京系「テレビ・人間発見」で紹介されていました。


恒孝氏は1963年、20代前半で当主に就任したものの、 サラリーマン生活で仕事が忙しく、 蔵の中の国民的遺産である“お宝”は全く手付かずの状態。
現在、その整理と徳川記念財団設立に向け、東奔西走の日々。


系図に関しては、さすが、徳川宗家。
天皇家をはじめとする歴史的有力家のオンパレード!


[系図]

そらのる

●徳川宗家系図
徳川慶喜
徳川慶喜
第15代将軍 ご存知“最後の将軍”大政奉還により閉居、養嗣子を迎える。
明治35年、遅れる事18年、徳川宗家別家をたてて公爵を授けられる。
父は御三家、水戸家9代徳川斉昭、母はその正室・有栖川宮家の吉子女王
(徳川家と天皇家、双方の血を継ぐ)
関連本
徳川家達(いえさと)
徳川家達
第16代 徳川御三卿、田安家より養子に入り、宗家を継ぐ。
明治36年より昭和8年まで貴族院議長、首相候補にも上る。公爵
徳川家正
徳川家正
第17代 外交官・昭和21年最後の貴族院議長に就任/
長男家英が夭折し、長女豊子の次男恒孝を養子に迎える/公爵
花葵―徳川邸おもいで話」保科順子(徳川家正三女)/著
徳川恒孝 第18代 妻は明治維新後の外交交渉に尽力した寺島宗則外務卿(伯爵)のひ孫。
妻のいとこに細川護熙(元首相)。
長男・徳川家広は翻訳家。
江戸の遺伝子―いまこそ見直されるべき日本人の知恵
近衞忠熙(ただひろ)
近衞忠熙
近衞家26代 関白/息子篤麿が公爵を授けられる、孫に文麿、玄孫に細川護熙
孫娘・泰子(ひろこ)が徳川家達夫人(公家と武家最高峰同士の合体)
近衞忠房
近衞忠房
27代 左大臣/忠熙長男
近衞篤麿
近衞篤麿
28代 公爵/忠熙九男/長兄忠房のあとをうけて家督を継ぐ
近衞篤麿|近代日本人の肖像
関連本
島津忠義
島津忠義
薩摩藩
最後の藩主
島津家29代/父が島津久光/
公爵/娘が徳川家正夫人
関連系図
細川護立(もりたつ)
細川護立
肥後熊本藩主家 侯爵
●会津松平家・他
会津松平家は3代将軍徳川家光の異母弟・保科正之を祖とする。3代より松平姓を名乗る。
松平容保(かたもり)
松平容保
会津藩
最後の藩主
京都守護職、傘下に新撰組/佐幕派奥羽越列藩同盟の中心
関連本
松平恒雄
松平恒雄
会津松平家分家 駐英・駐米大使、宮内大臣(S11~20)、戦後初代の参議院議長/
容保の四男/長女勢津子が、秩父宮妃に
(多くの会津人たちは「これで朝敵の汚名が晴れる・・」と感涙にむせぶ)
松平一郎 会津松平家分家 東京銀行会長,/妻・豊子は徳川宗家17代家正の娘
次男恒孝が徳川宗家18代を継ぐ。
鍋島直大
鍋島直大
肥前佐賀藩
最後の藩主
侯爵/娘が松平恒雄夫人
秩父宮雍仁(やすひと)
秩父宮雍仁親王
大正天皇第二皇子 昭和天皇長弟/陸軍少将/
大正11年、成年にともない一家を創立し、秩父宮の宮号を受ける。
陸軍士官学校本科卒業後、14年英国に留学。
S3年結婚。6年陸軍大学卒業後は、
歩兵第三連隊・歩兵三一連隊・参謀本部等に務めた
9年満州国皇帝即位慶賀のため派遣され、
12年には英国王の戴冠式のため渡欧。
スポーツ振興にも尽くした。S28年薨去。
関連本
「秩父宮―昭和天皇弟宮の生涯」保阪正康/著
秩父宮妃勢津子/著「銀のボンボニエール―親王の妃として
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])



皇太子ご夫妻に平成13年12月1日に誕生した女児・敬宮(としのみや)愛子さまの文運と健康を祈り、 その六日後の12月7日に「浴湯(よくとう)の儀」が行われました。

平安時代の古装束をまとい、旧大名家が行うことが慣例となっている鳴弦役を務めたのが この徳川恒孝氏と、加賀前田家18代当主・前田利祐(としやす)氏(宮内庁委嘱掌典)。


実は、このお二人、日本郵船の本社で一時期、机を並べた先輩後輩の間柄で、 当時のある上司は、

「徳川と前田の当主を使うのは豊臣秀吉以来、おれが初めてだ」と、 「徳川」「前田」と大声で呼んではご満悦だったらしい。

この気持ちよ~くわかりますよね。


海外でも「ショーグン」とすぐ名前を覚えてもらえ仕事でも助かった。
しかし、中にはトンチンカンな質問も。
「今でも人を斬っているのか」「妻は10人程いるのか」「ニンジャか」と。

また、何かヘマをしたりすると、「バカ殿」・・・。
将軍家当主としての利点が七割、不利が三割。


財団設立の目的は、美術品・歴史資料の保存だけでなく、 「今こそ近世史から多くを学び世界史的観点から分析し、21世紀の文化、文明構築を」 という気宇壮大な願いも託されている。


2003年は、400年記念イベント等で、徳川恒孝氏も話題に上る事が多くなるのではないでしょうか。



追記(03.4.8):文化庁、德川記念財団設立を認可(日経新聞2003年4月6日の記事より)

相続税などで遺産が散逸するのを恐れた德川宗家第18代当主、德川恒孝氏が 歴史的、文化的遺産を保護、伝承するために財団設立を申請していた。
徳川宗家には家康をはじめ歴代の将軍などが愛用した絵画、掛け軸、陶磁器など約二万点が保存されている。
財団理事長には恒孝氏が就任。記念館などのハコモノは作らず、各地の博物館などから 展示の依頼があれば貸し出すなどの方法で運営する。

今年は江戸幕府開幕四百年に当たることから、5/24~7/6に愛知県の岡崎市美術博物館で、 7/19~8/31に東京の江戸東京博物館(江戸開府400年事業)などで記念展示会を開く。





カスタム検索



[画像/旧]



スポンサーリンク

近現代家系図
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 政治 芸能
スポーツ 華族一覧
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク


その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、近現代に活躍した人物を、家系図やリンク等を交えてエピソード、系譜・閨閥などを書き留めていくページです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。

人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。

系図でみる近現代
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
33 34 35 36
37 38 39 40
41 42 43 44
45 46 47 48
49 50 51 52
53 54 - -
文献1 文献2 文献3 文献4
文献5 文献6 リンク -